マルガレッタ 成分

マルガレッタの成分ってどういうものが使われているのでしょうか?

マルガレッタ成分

産後の肌の状態が良くない私に友人が勧めてくれたのが、「マルガレッタ」というオールインワンゲルとナイトクリームのセット。

 

何やら、産後のホルモンバランスが崩れて困っているママたちがその目線で開発に携わったこのマルガレッタだそうですが、その成分はどんなもので作られているのか、興味があります。

 

いくらママ目線でも成分が怪しいものを使っているのなら、躊躇してしまうので、今回マルガレッタの成分をとことん調べちゃいました。

 

マルガレッタの成分は?

 

まず、公式サイトを覗いてみました。

 

約98%が美容成分だそうです。

 

マルガレッタがどうやって産後のシミにアプローチをかけてくれるかというと、まず、妊娠中と産後のホルモンバランスの崩れに着目して開発されているようでした。

 

妊娠中はエストロゲン(肌の張りや弾力をキープするホルモン)、プロゲステロン(妊娠を助けてくれる女性ホルモン)が過剰に分泌され、その結果、シミの原因となるメラニンが生成されやすいので、シミが出来やすいのです。

 

産後はこの全く逆となり、エストロゲンとプロゲステロンが急激に低下するので肌のバリア機能が壊れます。

 

その結果、紫外線の影響をダイレクトに受けやすくなり、肌にシミが出来やすい状態となってしまうのです。

 

この状態を救ってくれるべく、出来てしまったシミやシミが出来にくいお肌の状態と持って行ってくれるのが、マルガレッタなのです。

 

マルガレッタはまず2種類の美白成分でシミを改善し、アプローチをかけてくれます。

 

マルガレッタオールインワンゲルに含まれているプラセンタ、ナイトクリーム含まれるトラネキサム酸がシミ改善という仕事をしてくれるのです。

 

プラセンタエキスにはメラノサイトがメラニンを生成することに対して抑制をかけてくれ、生成されたメラニン(シミの原因)を肌から排出するのを助けてくれると言われています。

 

シミのある部分は何かしらの損傷を受けている可能性がありますので、炎症が進んでいる状態であり、これは炎症性プロテアーゼの産生が進んでいるということです。

 

炎症性プロテアーゼはメラノサイトを刺激し、メラニン(シミの原因)の生成を促進してしまうのですが、マルガレッタのナイトクリームに含まれているトラネキサム酸がその炎症性プロテアーゼの産生を抑制してくれます。

 

このダブルの美白効果成分と更に保湿成分が加わってくるのです。

 

ご存知の通り、保湿はお肌のターンオーバーに重要で、これが壊れてしまうがゆえにしわやイボの原因となってしまいますよね。

 

マルガレッタは水溶性コラーゲン、植物性スクラワン、ホホバオイル、マカダミアンナッツオイル、メドゥフォームオイルNラウロイルLグルタミン酸という6つの保湿成分が贅沢に配合されているのです。

 

マルガレッタはその他JAAアロマコーディネーターが特別に監修した天然成分由来の香りを調合されており、この癒しの香りは何かと忙しい産後のママがほっとなるような効果をもたらしてくれるとのこと。

 

肌に優しい天然成分であることも安心ですね。

 

こんなに豊かな成分がふんだんに配合されているのですから、早く使ってみようと思います

 

 

>>マルガレッタの詳細はこちら